2013年07月15日

 【京都ぶらり-浄瑠璃寺 岩船寺】当尾(とうの)の石仏 古の光景を撮る-第3回 岩船寺編

京都ぶらり 浄瑠璃寺 岩船寺 岩船寺
2013年06月01日(土) 曇りのち雨 最高気温 27.2℃ 最低気温 17.9℃
当尾 京都




前回(【京都ぶらり-浄瑠璃寺 岩船寺】当尾(とうの)の石仏 古の光景を撮る-第2回 当尾の石仏編)に引き続き、
京都府木津川市の当尾(とうの)地区。

浄瑠璃寺を出て山道を石仏を巡りながら1.5kmほど歩くと岩船寺にたどり着く。


岩船寺は浄瑠璃寺に同じく京都に属するが奈良の文化の影響が強いお寺だ。

岩船寺の創建は明らかにはなっていないようだ。
天平元年(729年)とか天平勝宝元年(749年)ともいわれている。
いずれにせよ、奈良時代の中期(746年)頃かそれ以前の創建である。
かなり古い。

今から1300年近く前にここに人がいて
今ここにいる我々と同じような光景を当時の人たちが見ていたのかと思うと
なにかとても感慨深いものがある。





続きを読む






2013年07月08日

 【京都ぶらり-浄瑠璃寺 岩船寺】当尾(とうの)の石仏 古の光景を撮る-第2回 当尾の石仏編

京都ぶらり 浄瑠璃寺 岩船寺 当尾の石仏
2013年06月01日(土) 曇りのち雨 最高気温 27.2℃ 最低気温 17.9℃
当尾 京都




前回(【京都ぶらり-浄瑠璃寺 岩船寺】当尾(とうの)の石仏 古の光景を撮る-第1回 浄瑠璃寺編)に引き続き、
京都府木津川市の当尾(とうの)地区。

浄瑠璃寺をちょうどお昼頃に出て石仏巡りのコースに向かう。

今回は浄瑠璃寺と岩船寺の間の田舎道、
といっても、ほとんど山道といってもいい道を約1.5kmを行く。
当然ながら往復すると約3kmの道のり。

ちなみに、
この片道約1.5kmの行程では当尾の石仏の全て見ることができるわけではない。

ここ当尾は南都仏教、つまり、奈良の初期仏教文化の影響が強い。

最初は仏教の世俗化を嫌った僧侶たちが修業のため訪れた土地だったらしい。

当尾の石仏は、昔は道標(みちしるべ)の機能を果たしていたようだが、
やはり修業の意味もあったに違いない。


その昔、修行者が行き交ったであろう道を進む。




続きを読む




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。