2011年07月17日

 【自動車】Lancia by Ferrari フェラーリの心臓を持ったセダン。「LANCIA Thema(ランチャ・テーマ) 8.32」

一見すると普通のセダン。
でもなめてかかっちゃいけない。
なんせエンジンはかのフェラーリ製なのだから。





フェラーリ・308クアトロ・ヴァルヴォーレ用V型8気筒エンジンを改められたものを搭載し、量産テーマの生産ラインを離れた小規模のサン・パオロ工場(当時)で1日6〜7台のペースで生産された。日本でも1988年からガレーヂ伊太利屋、1990年からはマツダ系列のオートザム店でも販売された。
(Wikipedia-ランチア・テーマ より)

まさに羊の皮をかぶった狼。
そしてこのエンジン音!





好きだなぁこういう遊び心♪
今でも少ないながら日本の中古車市場で流通している。
程度のよいもので200万円程度かな。
ただし、修理用のパーツが少なくなってきているので要注意。
故障したときはそれなりに時間とお金がかかることを覚悟する必要がある。

それでもなお魅惑的な車!







【自動車-ランチャの最新記事】
posted by snakecats at 20:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車-ランチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンジンはフェラーリ製なんですか〜
言われないとわかりませんでした。。笑
でも聞くだけで見る目が変わりそうです!
ヾ(@~▽~@)ノ
フェラーリ、ダイスキですからね。。(≧∇≦)/

アタシのVITZにフェラーリのエンジン、。。
無理やり乗せてみたい!笑
Posted by MINA at 2011年07月17日 23:24
>MINAさん

そうなんですっ!
エンジンはお馬さんだったのですっ!
一見普通のセダン…でも走り出したらお馬さん♪
以前知人が所有していたのですがほんと惚れ込んでました♪

いいですねぇ〜VITZにフェラーリのエンジン!
後部座席を取っ払って載せちゃいますかっ!
じゃあたくしもジム兄に…(笑)
Posted by snakecats at 2011年07月17日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。