2011年12月22日

 【奈良ぶらり-長谷寺】こころ鎮まる『大和国 長谷寺』 

奈良ぶらり 長谷寺
奈良ぶらり 長谷寺
紅葉も終わり・・・
最近は何かに取り憑かれたようにもっぱら紅葉の写真ばかりを撮っていた。
紅葉ばかりが目に付く。
でももう秋も終わり。
葉っぱがほとんど散ってしまいなんだか写欲が失せてくる。
こいつは相当リハビリが必要だ。
ということで前から気になっていたけど距離的に今住んでいるところからけっこう離れているのでなかなか行こうと思えなかった奈良県の長谷寺に意を決して行ってきた。

近鉄の鶴橋から長谷寺駅まで約1時間。
全部で16駅。
けっこうな長旅である。



長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派(ぶざんは)総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。本尊は十一面観音、開基(創立者)は僧侶の道明とされる。西国三十三箇所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。
 (Wikipedia-長谷寺より)

創建の時期は諸説あって定かではないようだが、少なくとも承和14年(847年)には公式なお寺として認められていたらしい。
仁王門 長谷寺 - 奈良
仁王門 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

仁王門くぐる 長谷寺 - 奈良
仁王門くぐる 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
荘厳で落ち着いた雰囲気の仁王門をくぐる。
雅さはないが威厳を感じる。

仁王門をくぐると本堂まで399段を有する登廊がある。
登廊 長谷寺 - 奈良
登廊 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

途中、お地蔵様が見守っている。
地蔵 長谷寺 - 奈良
地蔵 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

本堂もこれまた見事。
本堂 長谷寺 - 奈良
本堂 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
本尊を安置する本堂は京都の清水寺と同じく舞台造。
崖からせり出した構造になっている。

本尊である十一面観音像は天正7年(1538年)に再興されたもの。
今まで見た中で最も美しく威厳を感じたご本尊であった。
(撮影禁止のため写真は無い。)
ちなみに、この本堂は創建された奈良時代から室町時代までの間に7度焼失しているらしい。
今の姿になったのは慶安3年(1650年)。(徳川家光によって全面的に再建された。)
本堂の木材 長谷寺 - 奈良
本堂の木材 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

刻印 長谷寺 - 奈良
刻印 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
再建当時の建具ではないと思うがそれでも歴史の重みを感じる。
どれだけの風雪や天災害を乗り越えてきたのだろうか。

本殿から本坊を望む。
遠望 長谷寺 - 奈良
遠望 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

本殿から望む五重塔も美しい。
五重塔遠望 長谷寺 - 奈良
五重塔遠望 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
ちなみにこの五重塔は明治9年に焼失した三重塔の跡の北側に昭和29年に建てられたもの。

建物の高さはかなり高い。
本堂見上げる 長谷寺 - 奈良
本堂見上げる 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
どのぐらいの高さがあるのだろうか。
時代的に再建当時に重機があるわけも無く、人手で建てたわけであるがどうやって建てたのか想像もつかない。

本堂を後にして坂道を下っていく。

途中まだ紅葉が少し残っていた。
終焉 長谷寺 - 奈良
終焉 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

こちらのお地蔵さんも良い顔をされている。
見守る 長谷寺 - 奈良
見守る 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

こちらは「一切経堂」。
一切経堂 長谷寺 - 奈良
一切経堂 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
経堂とは経典を収めておく蔵のこと。
調査中とのことで立ち入りが禁止されていた。

風情のある風景を楽しめる。
石畳の階段 長谷寺 - 奈良
石畳の階段 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats

このお寺は「枕草子」や「源氏物語」にも登場する。
牡丹の名所でもあり花の寺とも呼ばれる。
四季それぞれにその風情を楽しむことができると思う。

次は雪が降り積もった頃にでも行こうか。


帰り道、参道沿いに11月にオープンしたばかりというお蕎麦屋さんがあったので寄ってみた。
『蕎麦たむら』の「天せいろ」 長谷寺 - 奈良
『蕎麦たむら』の「天せいろ」 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats
コシのある十割蕎麦でとても美味しくいただいた。
再訪の際にはまたお邪魔しようと思う。


晩秋ということで観光客も少なく少し寂しい気もしたが落ち着いた雰囲気を味わうことができ、とても心が鎮まった良い旅であった。

並門院 長谷寺 - 奈良
並門院 長谷寺 - 奈良 posted by (C)snakecats




《DATA》
カメラ:Nikon D80 AF-S NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5G
日 付:2011年12月18日(日) 晴れ
場 所:京都 醍醐寺
編 集:COREL PaintShopPro PhotoX3 , LuminanceHDR

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 by snakecats is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 3.0 非移植 License.









この記事へのコメント
奈良ってずっと行ってないんですけど、
写真をみたら、とっても趣があって落ち着きそうですね♪
京都に行ったら寄り道してもイイですね〜♪
お寺や神社って、イイスポットですね!!
構図やアングルとか、見つけたり考えたりするのが楽しそう〜(^▽^)/
Posted by MINA at 2011年12月22日 07:40
>MINAさん

やはりこの煌びやかとはまた違った雰囲気がなんだか新鮮でとってもいい感じでした♪
おっしゃるとおりであたくしもいろいろ考えながら写真を撮り歩いていましたよ!
MINAさんも是非行ってみてください(^▽^)/
Posted by snakecats at 2011年12月23日 03:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。