2012年12月09日

 【奈良ぶらり-長谷寺】秋の長谷寺

奈良ぶらり 秋の長谷寺
2012年11月18日(日) 晴れ 最高気温15℃
奈良 長谷寺


奈良 長谷寺

本当は前日の土曜日に行きたかったのだが、あいにくの雨。

ちなみに、なぜ土曜日かというと、撮った写真の整理や編集に半日はかけるからだ。
あたくしの場合、少なくとも1か所で200枚は撮る。

撮った写真は一旦パソコンに保存し、写真編集ソフト(あたくしの場合は主に「Corel PaintShop Pro X4」を使用)でいろいろ調整して、自分なりに気に入ったものを写真ストレージサイトにアップする。

アップするサイトは主に「フォト蔵」か「Flickr 」。


それはともかく、
今回は秋色に染まる奈良の長谷寺を訪れた。


「紅葉の里」 長谷寺 - 奈良
「紅葉の里」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr







「秋の印象」 長谷寺 - 奈良
              「秋の印象」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

長谷寺を訪れたのはこれで3度目。
最初は去年の今頃で、2度目は春、桜のころ。
2度目は財布を忘れていって長谷寺を拝観できず目前で地団太を踏んだっけ・・・。

その埋め合わせにと情けをかけてくださったわけではないだろうが、
こんな光景に巡り合えた。

◇寒桜??◇
ネットで「寒桜」と検索するとWikipediaでは「カンヒザクラ(寒緋桜)」がひっかかってくる。
本当の呼び名はあたくしにはわからない。
通常、寒桜は1月より後に咲くらしいので、長谷寺のこの桜は普通の桜が狂い咲きしたものかもしれない。

「寒桜」 長谷寺 - 奈良
「寒桜」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「可憐に咲く」 長谷寺 - 奈良
「可憐に咲く」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「寒桜映える」 長谷寺 - 奈良
「寒桜映える」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

寒い中、この光景に心身ともにほっとした気がした。

それにしても、北海道人にはこの寒さは身に堪える。
意外と思うかもしれないが、北海道人にはこの底冷えのする寒さはかなりきつい。
そう、北海道人は寒がりなのだ。


境内を歩く。


◇伽藍◇
長谷寺は、まず、朱鳥( あかみどり )元年(686)に道明によって三重塔(明治9年焼失)が建立され、神亀4年(727年)に徳道が本尊十一面観音像を祀って開山したとされる。

長谷寺の現在の山門(仁王門)は明治18年(1885)に再建されたもの。
「山門の龍」 長谷寺 - 奈良
「山門の龍」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

本堂へはこの登廊を登って行く。
登廊は上中下に分かれていて、この中廊は明治22年(1889)に再建されたもの。
「紅葉の中を…」 長谷寺 - 奈良
「紅葉の中を…」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「灯篭」 長谷寺 - 奈良
「灯篭」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

下廊を登りきったところでこの光景。
「空燃ゆる」  長谷寺 - 奈良
              「空燃ゆる」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

上廊を登りきると右手には能満院があり日限地蔵日限地蔵(ひぎりじぞう)が祀られている。
日限地蔵(ひぎりじぞう)は「日を限って祈願すると願いが叶えられる」といわれる地蔵菩薩で日本各地に存在する。

日限地蔵(ひぎりじぞう)の前にはたくさんの小さいお地蔵さんがいた。
「小さいお地蔵さん」 長谷寺 - 奈良
「小さいお地蔵さん」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

左手には本堂。
本堂は京都の清水寺と同じ舞台造り。
室町時代の天文5年(1536)までに計7回焼失している。
現在の本堂は徳川家光の寄進を得て、慶安3年(1650)に落慶したもの。
「賑わい」 長谷寺 - 奈良
「賑わい」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr
本尊には十一面観音像が祀られており、現在の本尊は8代目で天正7年(1538)に再興されたもの。
いろいろ仏像を見てきたあたくしだが、何故か長谷寺の十一面観音像に強く心を惹かれる。

「祈りの舞台」 長谷寺 - 奈良
「祈りの舞台」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「秋燃ゆる本堂」 長谷寺 - 奈良
「秋燃ゆる本堂」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

本堂から眺める五重塔が美しい。
この五重塔は昭和29年に建てられた。
「五重塔」 長谷寺 - 奈良
              「五重塔」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「下り道」 長谷寺 - 奈良
「下り道」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr


◇紅葉◇
やはり長谷寺の紅葉は期待通り、いや、期待以上だった。
どの色も目に染みて美しい。
この美しさに説明はいらないだろう。

「櫨染に染まる」 長谷寺 - 奈良
「櫨染に染まる」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「染まる楓」 長谷寺 - 奈良
「染まる楓」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「花咲く」 長谷寺 - 奈良
「花咲く」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「積もる紅葉」 長谷寺 - 奈良
「積もる紅葉」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「深紅」 長谷寺 - 奈良
「深紅」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「グラデーション」 長谷寺 - 奈良
「グラデーション」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「静寂」 長谷寺 - 奈良
「静寂」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「スクリーン」 長谷寺 - 奈良
              「スクリーン」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「色とりどり」 長谷寺 - 奈良
              「色とりどり」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「艶やか」 長谷寺 - 奈良
「艶やか」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「紅葉迫る」 長谷寺 - 奈良
「紅葉迫る」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「紅葉降る」 長谷寺 - 奈良
「紅葉降る」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「秋盛り」 長谷寺 - 奈良
「秋盛り」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

「秋竹林」 長谷寺 - 奈良
「秋竹林」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr



この日、紅葉しきった感じではなかったものの印象的な「色」にたくさん出会えた。

「秋に抱かれる」 長谷寺 - 奈良
「秋に抱かれる」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

きっと古の人々もこの光景を目にしていただろう。

「時刻む光景」 長谷寺 - 奈良
「時刻む光景」 長谷寺 - 奈良 posted by snakecats, on Flickr

そう思うと時の重みを感じないではいられない。





《DATA》
カメラ:Nikon D7000
レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
レンズ:AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR
日 付:2012年11月18日(日)晴れ 最高気温 15℃
場 所:奈良 長谷寺
編 集:Corel PaintShop Pro X4

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 by snakecats is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 3.0 非移植 License.










この記事へのコメント
サスガですね♪お師匠のブログは見せるだけでなく、
文面からも様子が伺えてスゴイなって思います。。
いつもそう思っていましたけどね。。笑
紅葉、とってもキレイですね〜♪
黄金の紅葉が珍しく1番目を引きました!!!
なんともいえないですね〜♪
素晴らしすぎます♪♪
構図もまったく違いますもん。。。
目の持っていく場所が違いますね〜
なるほど〜とても勉強になりました!

もっともっと勉強しなくてはいけませんね・・・アタシww


Posted by MINA at 2012年12月10日 18:21
>MINAさん
ありがとうございます(^_^)/

実際現地でもあの黄金色の紅葉に一番目を惹かれました♪
周りにいた小さい子供も歓声を上げてましたよ!

構図は画面に葉っぱの連なりが途切れたところを写らないようにしてあげることで広がりを強調しました。
途切れてるところが写っていないことでさらに広がっているような錯覚が生まれるんです♪
機会があったら試してくださいねっ!

次回は落ち葉が印象的だった室生寺です(^^)v

Posted by snakecats at 2012年12月11日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。