2013年08月12日

 【北海道ぶらり-北炭幌内炭鉱施設跡地】幌内の地をゆく - 大地に溶けゆく炭鉱施設

北海道ぶらり 北炭幌内炭鉱跡地
2013年08月11日(日) 曇り 最高気温 28.2℃ 最低気温 20.4℃ 湿度 71%
北海道 三笠市幌内町 北炭幌内炭鉱施設跡地



帰省して2日目。

帰省初日から天気がぐずついている。

この日は曇りで時折、
アスファルトの路面を湿らせない程度のミストのような小雨がぱらついていた。
そのせいか、北海道にしては湿度が高く蒸し暑い1日だった。


あたくしは、どうも今年は雨男らしい。
帰省する都度天気が悪い。
(ちなみに帰省は月一回、関西圏から北海道へ・・・。)

GWにも帰省したのだが、なんとGW9連休中晴れたのは2日間だけ・・・。

前回、7月に帰省した時も雨が降りがちな天気だった。

まさか今回も・・・。



まぁそれはいいとして・・・

今回は、デジカメがこの世に出回る前から写真を撮りに来ている北炭の幌内炭鉱施設の跡地へ、エアコンが壊れた愛馬jimnyを駆ってぶらついてみた。


「道」 三笠市幌内 - 北海道
「道」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/400 f5.6 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 105mm]





幌内炭鉱は、1879(明治12)年に官営の炭鉱として開山した。
北炭の炭鉱として民営化されたのはその10年後の1889(明治22)年。
閉山されたのは1989(平成元)年。
(ちなみに、あたくしの愛馬jimny(ジムニー JA11A)は偶然にも平成元年車だ。)

閉山は思ったほど昔の話ではない。
後半はもちろん後始末だけだったと思うが。


今回訪れた北炭幌内炭鉱施設跡地は、
道道1129号線の先にある三笠鉄道記念館を通り過ぎ、
さらにもうほんの少し行ったところにある。

より大きな地図で 私の撮影スポット を表示


最近のあたくしの記事は文字を書きすぎな感が・・・。
なので駆け足で写真を載せていく。
現地であたくしが感じた感触を共有していただけると幸いである。


まずは、所謂、「北炭幌内炭鉱施設跡地」と呼ばれる場所の入り口に相当する場所にある遺物から。

今はもう骨組みだけ・・・。
「骨組」 三笠市幌内 - 北海道
「骨組」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/10 f20 ISO-100 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 38mm]


昨日の雨のせいか水たまりがちらこちらに。
「虚像」 三笠市幌内 - 北海道
「虚像」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/15 f20 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 75mm]

「空」 三笠市幌内 - 北海道
「空」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/10 f20 ISO-160 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 32mm]


コンクリートから飛び出している鉄骨がまるで生き物のよう。
「生命」 三笠市幌内 - 北海道
「生命」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/25 f13 ISO-160 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 105mm]


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)に似ている。
まだ秋ではないが・・・。
「可憐」 三笠市幌内 - 北海道
「可憐」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/250 f5.6 ISO-160 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 105mm]
ちなみに、上の写真はSettingsに記載した通り、マクロレンズは使っていない。
Nikon D7000 のキットレンズである「AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR」を使って、望遠側の最大にセットし絞り開放で撮った。
(ピントの合う範囲(奥行)が狭いので、ピントを合わせる場所をしっかり確認したほうがいい。マクロレンズも同じこと。)


大きな施設は閉山時にあらかた解体したというが・・・
(この辺りから絞りを絞り込むには低感度だとシャッタースピードが遅くなりすぎ手振れの可能性が増えるため感度(ISO)を上げた。)
「同化」 三笠市幌内 - 北海道
「同化」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/40 f20 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm]

建物内部の天井には蛍光灯の取り付け器具が残る。
「残像」 三笠市幌内 - 北海道
「残像」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/40 f20 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 92mm]

草が腰まで延び、足元は昨日降った雨のせいでところどころ酷くぬかるんでいたため、ここから先に進むのをあきらめた。
なので、ここで引き換えして、「北炭幌内炭鉱変電所」と「幌内神社」がある場所へ向かう。

より大きな地図で 私の撮影スポット を表示


北炭幌内炭鉱変電所は1919(大正8)年に建設されたといわれている。
そして、幌内炭鉱の閉山とともに閉鎖された。
「北炭幌内炭鉱変電所とジムニー」 三笠市幌内 - 北海道
「北炭幌内炭鉱変電所とジムニー」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/80 f5.6 ISO-100 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 26mm]

かつてここで、様々な人々が作業を行い、日々様々な出来事があったであろう。
「窓硝子」 三笠市幌内 - 北海道
「窓硝子」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/20 f13 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 28mm]

「Structure」 三笠市幌内 - 北海道
「Structure」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/60 f22 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm]

「配管」 三笠市幌内 - 北海道
               「配管」 三笠市幌内 - 北海道
               Settings: A-mode 1/13 f8 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 66mm]

建物の周囲には未だにこんなパーツがごろごろ転がっている。
「パーツ」 三笠市幌内 - 北海道
「パーツ」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/80 f5.6 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 105mm]

大地と同化し溶け込んでていく。
「溶け込む」 三笠市幌内 - 北海道「溶け込む」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/8 f25 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 35mm]


変電設備が植物と結合し、それ自体が一つの有機体に見えてくる。
「変電所跡地」 三笠市幌内 - 北海道
「変電所跡地」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/20 f18 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 28mm]

「鈴生り」 三笠市幌内 - 北海道
「鈴生り」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/40 f22 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 66mm]

「変電設備」 三笠市幌内 - 北海道
「変電設備」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/200 f10 ISO-100 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 25mm]


北炭幌内炭鉱変電所のすぐ横には幌内神社の参道がある。
「幌内神社 苔むす」 三笠市幌内 - 北海道
「幌内神社 苔むす」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/13 f18 ISO-640 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 52mm]

京都や奈良でかなりの数の狛犬を見てきているが、
それらと比べても引けを取らない良い出来だと思う。
「幌内神社 狛犬 吽形」 三笠市幌内 - 北海道
               「幌内神社 狛犬 吽形」 三笠市幌内 - 北海道
               Settings: A-mode 1/40 f7.1 ISO-400 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 35mm]

「幌内神社 狛犬 阿形」 三笠市幌内 - 北海道
               「幌内神社 狛犬 阿形」 三笠市幌内 - 北海道
               Settings: A-mode 1/50 f7.1 ISO-400 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 30mm]

2012年に社殿が積雪のため倒壊してしまったそうだ。
今は石碑だけしかない。
「幌内神社」 三笠市幌内 - 北海道
「幌内神社」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/13 f16 ISO-400 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 24mm]



北炭幌内炭鉱変電所の手前には、幌内炭鉱景観公園(北炭幌内炭鉱施設跡地)として整備されつつある場所がある。
整備は「みかさ炭鉱(ヤマ)の記憶再生塾

より大きな地図で 私の撮影スポット を表示

ここではいろいろな施設を散策しながら見ることができるようだ。
しかしながら、この日はかなりデカいアブがわんさかいて、
あたくしの周りをブンブン飛んでいたので奥まで行くのはやめておいた。

鉄製の道具などがあちらこちらに散乱していた。
「S2494」 三笠市幌内 - 北海道
「S2494」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/50 f5.6 ISO-320 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 40mm]

安全灯を格納していた倉庫。
「安全灯庫」 三笠市幌内 - 北海道
「安全灯庫」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/15 f18 ISO-640 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 24mm]

坑口は密閉されている。
「密閉」 三笠市幌内 - 北海道
「密閉」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/13 f11 ISO-640 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 35mm]

自然へ還りつつある。
「朽ちゆく」 三笠市幌内 - 北海道
「朽ちゆく」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/6 f11 ISO-640 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 80mm]

・・・確実に着々と。
「葉」 三笠市幌内 - 北海道
「葉」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/60 f5.6 ISO-640 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 85mm]


この花はもう「綺麗だな」とは言えなくなった、いや、言ってはいけなくなってしまった。
外来生物法により特定外来生物(第二次指定種)に指定されている。
全国に分布し駆除の対象になっている。
放っておくと在来植物を駆逐してしまうからだ。
「オオハンゴンソウ」 三笠市幌内 - 北海道
「オオハンゴンソウ」 三笠市幌内 - 北海道 posted by snakecats, on Flickr
Settings: A-mode 1/13 f32 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 48mm]



ここ最近、あたくしは単身赴任先の関西圏、特に、京都や奈良で神社仏閣を中心に写真を撮りまくっている。

そんな目で地元北海道を見てみると、なんだかとてもいろんなものが新鮮に見えてくる。
それは、自然であったり、歴史やそれにまつわる建物だったり。

自分が生活をしている場所では、普段目に入っているものは逆に見えていない。

これからは、見えるようになった眼で北海道をもっと撮っていこうと思う。





《DATA》
カメラ:Nikon D7000
レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 48mm
日 付:2013年08月11日(日) 曇り 最高気温 28.2℃ 最低気温 20.4℃ 湿度 71%
場 所:北海道 三笠市幌内町 北炭幌内炭鉱施設跡地
編 集:Adobe Photoshop Lightroom 5.0,Nik CollectionColor(Efex Pro 4)


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 by snakecats is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 3.0 非移植 License.







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。