2015年01月17日

 【京都ぶらり-東寺】冬の東寺を歩く

京都ぶらり 東寺
2015年1月12日(月) 晴れ
最高気温 6.2℃
最低気温 1.3℃
湿度 59%
京都


1月の3連休の最終日。
朱印をいただきに東寺を訪れた。

最近、朱印を集めることにはまっている。
もちろん、記念になるということもあるし、
なにより、手書きということもあり非常にありがたい感じがする。
(多くの寺社では依頼するとその場で寺社名などを書し、朱印を押していただける。)

きっと集め方にいろいろこだわりを持っておられる方が多いと思う。
でも私はまだまだ初心者。
奈良の長谷寺で購入した1冊の朱印帳に、気のおもむくまま行った先の寺社で朱印をいただいている。

東寺へは何度か来ているのだが、以前に来たときは朱印のことは頭になかった。
これから先に訪れる寺社仏閣では必ず朱印をいただこうと思っている。

「御朱印」 東寺 - 京都
               「御朱印」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
               Nikon D7000 Settings: A-mode 1/30 f5.3 ISO-640
               [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 70.0mm]






この日の天気予報は「晴れ」。

過去天気を調べてもこの日は「晴れ」。
実際晴れていたのだが気にならない程度の小雨が降っていた。
空は晴れているのに。

「狐の嫁入り」というやつか…。
実は不思議なことに、過去何度か訪れた時も必ず雨にあたっている。
どんなに晴れていても。


高さ54.8メートルの五重塔。
「映える光景」 東寺 - 京都
               「映える光景」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
               Nikon D7000 Settings: A-mode 1/200 f8.0 ISO-200
               [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18.0mm]


「五重塔」 東寺 - 京都
               「五重塔」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
               Nikon D7000 Settings: A-mode 1/400 f8.0 ISO-250
               [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18.0mm]

木造の塔としては日本一の高さ。
これまでに4回火災で焼失しており、この塔は5代目で寛永21年(1644年)に建てられたもの。

一層目の四隅を邪鬼が守る。
「邪鬼 - 五重塔」 東寺 - 京都
「邪鬼 - 五重塔」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/25 f5.6 ISO-400 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 105.0mm]


一層目の扉と装飾金具。
「御扉 - 五重塔」 東寺 - 京都
「御扉 - 五重塔」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/30 f5.6 ISO-200 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 70.0mm]
カメラの水準器を信用すれば塔が少し左に傾いているように見える。

「金飾り - 五重塔」 東寺 - 京都
「金飾り - 五重塔」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/200 f8.0 ISO-200 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 32.0mm]

「異形 - 五重塔」 東寺 - 京都
               「異形 - 五重塔」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
               Nikon D7000 Settings: A-mode 1/50 f5.6 ISO-250
               [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 105.0mm]
何故かこの鬼瓦だけ形相が他のものと異なる(と思う)。

五重塔に庭園がマッチしてとても心和む光景。
「庭園」 東寺 - 京都
「庭園」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/320 f8.0 ISO-160 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 25.0mm]

庭の池には鯉が泳ぐ。
「鯉図」 東寺 - 京都
「鯉図」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/125 f5.3 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 80.0mm]
少し絵のような感じを出すためにコントラストを落としてみた。


国宝の金堂。
「金堂」 東寺 - 京都
「金堂」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/200 f8.0 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18.0mm]

この金堂は豊臣秀頼の寄進により慶長8年(1603年)に再建されたもの。
「木構造 - 金堂」 東寺 - 京都
「木構造 - 金堂」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/30 f8.0 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 26.0mm]


講堂は重要文化財。
「講堂」 東寺 - 京都
「講堂」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/250 f8.0 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 21.0mm]

文明18年(1486年)に焼失後、延徳3年(1491年 室町時代)に再建された。
「御扉 - 講堂」 東寺 - 京都
「御扉 - 講堂」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/160 f8.0 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 24.0mm]



五重塔が影を落とす。
「光と影」 東寺 - 京都
「光と影」 東寺 - 京都 posted by snakecats, on Flickr
Nikon D7000 Settings: A-mode 1/250 f5.0 ISO-250 [AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 25.0mm]

この頃には小雨はあがっていた。






《DATA》
カメラ:Nikon D7000
レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
日 付:2015年1月12日(月)
天 候:晴れ(時々小雨) 最高気温 6.2℃ 最低気温 1.3℃ 湿度 59%
編 集:Adobe Photoshop Lightroom 5.7/Nik CollectionColor Efex Pro 4
場 所:京都

※京都駅から当時までは徒歩で行き、帰りは、近鉄の東寺駅から京都駅まで電車を使用。
交 通:JR京都駅より徒歩約20分。
    近鉄東寺駅より徒歩約15分。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 by snakecats is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 3.0 非移植 License.








この記事へのコメント
突然のコメント失礼致します。
関西でテレビ番組の制作スタッフをしている者です。
ブログに載せていらっしゃる写真を番組で使用させて頂きたく、コメントさせて頂きました。恐れ入りますがchaaaa31@gmail.comまでご連絡頂けませんでしょうか?

ご検討よろしくお願い申し上げます。
Posted by 石原 at 2016年03月31日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。