2012年09月03日

 【兵庫ぶらり-王子動物園】久々の動物園 人生初の・・・

王子動物園
王子動物園(兵庫)

2012年8月25日 晴れ 最高気温36℃

久々に動物園に行った。

この日は36℃と猛暑日。
あたくしは単身赴任で関西圏に在住している。
北海道人であるあたくしにとっては、この時期のこの気温はかなり違和感がある。
お盆も過ぎたこの時期はかなり涼しくなっているはずなのだが・・・

北海道も今年は暑いらしい。
この時期になっても30℃を超える日がある。
これはやはり温暖化の影響なのか。

それはともかく、急に動物園に行きたくなった。
それはなぜかというと、パンダを見たかった!
ただそれだけである。

パンダは幼いころ日本に最初のパンダブームが到来したころ祖母にパンダの縫いぐるみを買ってもらった記憶がある。
それ以来是非見たいと思っていたが、単身赴任で東京に何年もいたにもかかわらず上野動物園にはそのころはパンダ不在の状態が続いていた・・・

恥ずかしながら単身赴任で関西圏に来て初めてわかった。
パンダは兵庫の王子動物園と和歌山のアドベンチャーワールドにもいる!

しかも、是非見たいと思っていたマヌルネコ(王子動物園)まで・・・

これは是非見に行かねばと思い、家族&カップルの巣窟、動物園に一人寂しく勇気を振り絞って行くことにした。

「家族の空間」 王子動物園 - 兵庫
「家族の空間」 王子動物園 - 兵庫 posted by (C)snakecats





続きを読む






2011年10月04日

 【兵庫ぶらり-ハーバーランド〜南京町】神戸ぶらぶら スナップはコンデジが良い♪

神戸ぶらり
神戸
10月2日(日)この日神戸はそれほど天気は晴れというわけにはいかなかったけど穏やかな天候。
今回は携帯電話も持たず(←っていうか持っていくの忘れた・・・)ほんとにぶらぶら・・・

一眼レフも持っていったがなんとなくスナップ写真でいいやって感じでほとんどコンデジを使った。
あたくしをここの雰囲気はそんな気にさせた。

ちなみに良い写真に一眼レフとかコンデジとか関係ない。
特にスナップは。
もちろん自分の写真がいいか悪いかは別として…

機動性から見たらコンデジのほうが一眼レフより断然有利!
さっと出してさっと撮る。
小さいだけにアングルもいろいろ工夫できる。
これは一眼レフに比べて圧倒的なアドバンテージ。


あたくしは友人がかつて住んでいた神戸には始めて来た。
今は亡き友人が昔住んでいた街。
平和そのものの風情。
1995年のあの震災の面影はほとんど無い。
東北の皆さんも是非がんばって欲しい。
あたくしの立場でそんなことを言っていいはずもないが、ほんとにそう思った。

※続きは≪続きを読む≫から




≪続きを読む≫
2011年07月24日

 【兵庫ぶらり-姫路城】兵庫県姫路市 姫路城 文化遺産の城を行く とても光の回り方がよかった一日

姫路城(ひめじじょう、Himeji Castle, Himeji-jo)は、兵庫県姫路市(播磨国飾東郡姫路)にあった城。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、ユネスコの世界遺産や日本国の特別史跡となっている。日本さくら名所100選に選定されている。
Wikipedia - 姫路城 より)

世界遺産にも登録された国宝『姫路城』に行ってきました。
このお城は1346年に築城。 1580年に豊臣秀吉によって大改修され、1618年に本多忠政が西の丸を造営しほぼ今の形になったようです。
小天守閣 - 姫路城
小天守閣 - 姫路城 posted by (C)snakecats

この日、兵庫県は良い天気で気温も最高29℃と暑すぎずもなく快適な「ぶらぶら」でした。

ただ少し残念だったのは、
姫路城 (修復中)
姫路城 (修復中) posted by (C)snakecats
はい、ご存知の方も多いと思いますがただいま本格的な修理作業中で平成14年ぐらいまで大天守閣が素屋根で覆われています。

でも、素屋根内には修理作業現場を間近で見ることができる施設が付設されています。
天守閣 - 姫路城
天守閣 - 姫路城 posted by (C)snakecats
こんな機会もそうそうないはずなのでまぁ良しとしましょう・・・

こんな道を歩いて天守閣に向かいます。
木陰の道 - 姫路城
木陰の道 - 姫路城 posted by (C)snakecats

天守閣へ - 姫路城
天守閣へ - 姫路城 posted by (C)snakecats

ちょっとした資料館が敷設されていて歴代の鯱や
鯱 - 姫路城
鯱 - 姫路城 posted by (C)snakecats

貴重な資料を見ることができます。
剣片喰紋 - 姫路城
剣片喰紋 - 姫路城 posted by (C)snakecats

圧巻はこれ!
甲冑の間 - 姫路城
甲冑の間 - 姫路城 posted by (C)snakecats
(本当はもっとあります。)
これだけの甲冑がずらりと並ぶとなんだか中に人がいそうな気が・・・(汗)

もちろん天守閣には入れませんが、1618年に本多忠政が千姫が嫁いできたことを機に造営した西の丸には入ることができます。
とっても長い廊下を急な階段を何度か上って歩くことになります。
西の丸廊下 - 姫路城
西の丸廊下 - 姫路城 posted by (C)snakecats

西の丸階段 - 姫路城
西の丸階段 - 姫路城 posted by (C)snakecats

この日は光の回り方がよかった〜♪
陽光 - 姫路城
陽光 - 姫路城 posted by (C)snakecats

ので、城内をぶらぶらと・・・
路 - 姫路城
路 - 姫路城 posted by (C)snakecats

夏の日 - 姫路城
夏の日 - 姫路城 posted by (C)snakecats
塀に開いている穴は『狭間(さま)』といいます。
狭間(さま)とは、塀や櫓などに開けられる、三角形や四角形をした小窓のことである。その窓の形により丸狭間・菱形狭間・将棋駒形狭間・鎬狭間・箱狭間などと呼ばれ、塀の下の石垣の最上部に切込みを入れるようにあけられた石狭間もあった。
その用途によって矢狭間・鉄砲狭間・大砲狭間などと呼ばれた。弓矢ならば縦長、鉄砲ならば三角形というように、武器に適した形状となる。塀の内側から外側に向かって開くような形をしており、戦闘の際は、そこから鉄砲などを撃った。
Wikipedia - 狭間 より)
やっぱり、戦闘のための施設なのですねぇ〜

木の葉の影が壁に映って壁に描かれた模様のようです。
葉模様 - 姫路城
葉模様 - 姫路城 posted by (C)snakecats

それにしてもほんとに光がよく回っていた一日でした。
ひかり - 姫路城
ひかり - 姫路城 posted by (C)snakecats
一自称写真家としてはこの上ない幸せを感じたのであります。
また秋にでも来ようかな?

ただ、周りは家族連れやカップルばっかりで実は少し寂しい感じがしました・・・
(笑)

でもこいつらが癒してくれました♪
シルエット - 姫路城
シルエット - 姫路城 posted by (C)snakecats

木陰にゃ - 姫路城
木陰にゃ - 姫路城 posted by (C)snakecats

城の周り(公園の入り口付近)には野良にゃんが多いんですよねぇ。
10匹近くは見ています。
(何故かこの黒にゃんとトラにゃん以外の柄は見ていません。)

あぁ、それにしてもうちのニャンコたちは今頃どうしてるだろう?
(T_T)



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 by snakecats is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 3.0 非移植 License.





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。